京都の一蘭はなにか違う?食べ比べてわかったこと…

近畿で美味しいとんこつラーメンと言えば「一蘭」と答える人も多いほど人気のお店。しかし口コミなどでは「京都の一蘭は何やら味が違う」と紹介されることも。チェーン店の味の違いはどこにあるのか探ってみた。

 

近畿の人気ラーメン店「一蘭」!京都の店舗は味が違う?

736b260e908f0cad1ca18e2b9f52bd21_s

乳白色のスープに細い麺が美味しそうに絡まるとんこつラーメンは、別名博多ラーメンとも呼ばれている福岡生まれのラーメンだ。近畿でも絶大な人気を博している。

 

とんこつラーメンで有名な「一蘭」は地方によって味に若干バラつきがあるとのこと。中でも外国人客も多い京都は一味違うのだとか…。

 

近畿で人気のラーメン店「一蘭」とは?

近畿を中心に全国62店舗を構える超人気店

福岡県発祥の「一蘭」は、全国に展開するラーメンチェーン店。中国やアメリカにも店舗がある人気の店だ。コクのある当店自慢の「とんこつラーメン」は、あっさリ味が定着している近畿でも大好評。

 

ラーメン同様スペースへのこだわりも人気の秘密がある。お一人様用座席「味集中カウンター」と呼ばる席は、カウンターが1つ1つ壁で仕切られ、人目を気にせず食べられるようにできている。

 

また小さなお子ども連れでも安心して食べられる個室などもあり、ラーメンを堪能したい人達には嬉しい心遣いだ。

 

お昼は行列必至!14時~16時が狙い目!

行列ができるお店としても有名な「一蘭」は24時間営業、年中無休ということもあって、平日でも混み合う店舗が多い。また場所によっては朝方から行列ができるほどだ。

 

混雑を避けたいなら14~16時、土日なら16~18時が比較的スムーズに入店できるようなので、時間帯をずらすようにしてみよう。

 

一蘭の利用システムを簡単に説明しておくと、まず自販で食券を買ってから店内に入る。壁に座席表があるので空いた席に自分で座る。座席の前の暖簾ごしに食券とオーダー用紙(下記で説明)を店員に渡し注文するというものだ。5~10分待てばあつあつのラーメンが目の前に登場する。

 

京都「一蘭」の詳細情報

京都で食べられる「一蘭」は河原店と八坂店の2店舗。両店とも24時間営業、年中無休だ。河原店は「味集中カウンター」59席の他、2人用と4人用の個室が各1つづつある。八坂店は「味集中カウンター」が33席のみ。

 

【京都河原町店】

住所:京都府京都市中京区蛸薬師通新京極東入裏寺町598

   蛸薬師OKIビル1階

お問い合わせ:075-241-2205

アクセス:電車-阪急京都線「河原町駅」9番出口より徒歩約3分

     市バス-四条河原町下車 徒歩約3分

 

【京都八坂店】

住所:京都府八幡市八幡南山106-3

お問い合わせ:075-981-3100

アクセス:第二京阪道路八幡東ICより約8分 (駐車場有)

 

美味しいと評判の「天然とんこつラーメン」

お店が掲げる「天然とんこつ」とは一体?

創業以来のとんこつの味を守る「天然とんこつラーメン」。世界一を目指して作り出された、旨み・コク・こってり感のある極上スープに、30種類の材料を熟成させた秘伝の赤いタレがラーメンの真ん中にのっている。

 

独自の小麦粉ブレンドによる麺はスープとの絡みも良く滑らかで、ツルツルっと流れるように入ってくる。トッピングされるチャーシューやネギ、また調理に使われる水にもこだわり抜いた絶品ラーメン。

 

こってり度を選べる!イチオシは「一番こってり」

好みの味にカスタマイズできるのも「一蘭」の特徴。オーダー用紙から「味の濃さ」「こってり度」「麺の硬さ」が選択でき、トッピングの「あり・なし」だけでなく分量も調節できる。

 

イチオシはこってり度が半端でない「超こってり」。一度は試したい味だ。追加できるネギ・ニンニク・チャーシュー、とんこつラーメンならではの替玉など自分らしいラーメンが追求できるのも嬉しい。またラーメンに入れたくなる「半熟塩ゆで卵」もおすすめ。注文するとカラのむき方がイラストになってついてくる。なんでも卵は口の中の味を消し、次に口にする食材の味が新鮮に感じられるような作用があるそうだ。

 

他にも店舗限定商品や1日数量限定ラーメン、家庭で作れる通販のラーメンも販売している。

 

「一蘭」で食べた人の口コミピックアップ

ラーメン店が多い京都でも「一蘭」は特に人気が高い。「行列してでも食べたい」、そんな人が続出しているようだ。

 

こんなに旨いラーメンがあったのかと。京都に来ていろいろラーメン屋を巡ってきましたが、やっと自分の理想とする味に出会えたかと思います。

(引用元:https://tabelog.com

 

京都は美味いラーメン屋さんが多い町ですが、この界隈に来たらよりたい店ですね。

(引用元:https://tabelog.com

 

天然豚骨スープに 細麺の相性抜群。4倍にした辛さも重なり めっちゃうまい。

(引用元:https://twitter.com

 

もう通いたいぐらい美味しかった。60分間立って待った甲斐がありました。

(引用元:https://twitter.com

 

京都だけ味が違うって本当?

京都の店舗は味が薄い

京都以外の一蘭でもラーメンを食べたことがあるなら気づいた人もいるだろうが、京都の一蘭の味はどこか違う。本店の味よりスープがやや薄めという印象。あっさりとまでは言わないが、クセがなく食べやすい。京都の上品な味がどこかに残されたような仕上がりだ。

 

因みにとなりの大阪ではとんこつのこってり味が楽しめる。また関東でも濃い目の味になっているようだ。

 

まとめ

「一蘭」のこだわり抜いたとんこつは、コクと臭みのない旨み、そしてこってり感が堪らない。京都の「一蘭」には外国人客も多く、京都ならではの薄味とんこつに舌鼓を打っている。

 

レトロな感じさえある独特の注文スタイル、人の目を気にせず心ゆくまで味わえるスペース確保、またカスタマイズできる味など、ラーメンファンにはありがたい心遣いが嬉しい限りだ。