「ラーメン」の激戦区の中で生き残り続ける「つけ麺」専門店の秘密!

ラーメン激戦区として名高い京都で勝ち続ける名店「恵那く」は京都市左京区の裏通りにあるつけ麺店で、たびたびテレビなどメディアでも紹介されているのでご存知の方も多いと思います。この記事では「恵那く」を徹底解説します!

つけ麺一本勝負!ラーメン激戦区で勝ち残り続けるこだわりの名店「恵那く」

筆者の行きつけのラーメン店の店主は「メニューを変えないままというのは怖い」と話します。この店主はラーメン・おにぎりの2種類のメニューだけで30年営業を続けていますが、近隣店舗やのれん分けをした店がメニューを増やすことに焦りを感じたことは1度や2度ではないそうです。

 

京都市左京区という全国に名高いラーメン激戦区であれば「つけ麺だけで勝負」すると考えれば、「恵那く」の店主には尋常ならぬ自信と度胸があるに違いありません。そんなお店のつけ麺とはどんなものでしょうか。

一乗寺の裏通りにある隠れた名店

恵那くは一乗寺の裏通りに位置し、いわば隠れた名店です。長い行列ができることもしばしばあるため、裏通りにできた行列は「何これ?!」と目を強く引きます。

つけ麺にこそ極太麺!薄くならないスープでおいしいまま完食

つけ麺の醍醐味はなんと言っても、麺をワシワシ食べる快感。コシのある極太麺を噛むと、口の中には小麦の香りが広がり、プチっとした食感はなんとも幸せな瞬間ですよね。恵那くのつけ麺はこの極太麺が特徴で、つけ麺のもうひとつの主役「スープ」をしっかり絡め取ります。

 

さらにこのスープは鶏やとんこつ、そして大量の野菜を煮込んだ濃厚スープですから、つけ麺を食べ進んでも味が薄くならないことが驚きです。濃いスープは一口目に「ウッ」となる辛さやしびれを感じさせますが、恵那くはそんなしつこさもないスープにもかかわらず、最後まで薄さを感じさせないことも特徴。素材の味わい、自然の出汁と味がギュッと濃縮されたスープだからこそ最後までおいしく頂けるのでしょう。

【朗報】学生に優しい学割の店

学生には「学割」が時間帯限定で実施されています。時間はお店に確認して欲しいのですが、ランチタイム・ディナータイムそれぞれ1時間程度実施されていて、割引が受けられるのはうれしいですね。さすが京都、学生の街といったサービスでしょうか。

つけ麺は全部で3種類!トッピングは「得製」で決まりか?!

恵那くのつけ麺は3種類あり「つけめん」「辛つけ麺」「カレーつけ麺」で、トッピングは「得製」「味玉」「肉」「めんま」などがあります。この中でおすすめしたいのは「得製」トッピングで、肉増量&卵とメンマが半分ずつついてくるお得メニューです。

初めての訪問ではぜひ得製ですべてのトッピングを味わって欲しいですね。2回目以降はお好みのトッピングをがっつり楽しんではいかがでしょう。

噂の検証:裏メニュー?ハーフハーフ?

恵那くには裏メニューとして担々麺があるという噂を聞いたものの、筆者では確認できませんでした。基本的に食券機にあるメニューがすべてですが、恵那くのTwitterアカウントをチェックするとゲリラ情報が出てくる可能性もあります。気になる方はフォロー必須です!

 

ノーマルなつけ麺とカレーつけ麺の両方を食べたい!そんなワガママに答えるべく「ハーフ&ハーフ」というメニューもあります。ただし時間帯によっては提供してないこともあるので、お店または食券機で確認して下さいね。

ラーメン好きのためのイベントらぁ祭2016にも参加

らぁ祭は大阪、京都、兵庫、滋賀、和歌山、新潟のラーメン店が参加するイベントで、加盟店を訪問するとスタンプがもらえる、いわゆるラーメン屋さんスタンプラリーイベントです。恵那くは2015年に続き、2016年も参加しているので、関西のラーメン好きの方や訪問前の方はあらかじめチェックしておきましょう。

実際に恵那くに行ってみた

いざ恵那くへ!と意気込むものの、いきなり道に迷います。この記事でも「裏通り」と書いたのはまさにその通りで、若干わかりづらい場所にあるんです。遠方から訪問する方はスマホアプリのナビゲーションなど使うことをおすすめします。

行列があれば店の場所はすぐにわかる

お昼営業はほとんど行列ができていることもあり、恵那くの近くまで行けば「あの行列の店かな?」とすぐに恵那くの場所はわかります。

むしろ来客が多いときは一乗寺の大通りまで行列ができるほどで、こんな時であれば迷うことは少ないでしょうね。

 

行列を見つけても、そのあとが少し大変。念のため最後尾かどうか確認しましょう。行列が長いため、分割して離れたところに並んでいることもありますよ。

麺の量はかなり多い〜食べられる量の目安を知っておく

食券機で食券を買いますが、あらかじめ麺の量くらいは決めておくとスムーズです。ちなみに何も書いていないボタンが光っていることがあります。これは隠れメニューの合図と言われており、押してみるとあっと驚くメニューが食券が出てくるかも?!

 

麺は並盛り:275g 大盛り:400g 少なめ:200gで、大盛りのみ100円追加です。つけ麺好きでなければ、このグラム表記では「多い?少ない?」とわからないと思いますが、並盛り275gは普通のラーメンの大盛り程度あります。

ですから普通のラーメンのつもりで「大盛りとライス」なんて頼むと、食べきれないなんてこともありますよ。あらかじめお腹をすかせていきましょう!

〆はスープ割りで大満足!

麺を食べ終わったあとに残ったスープ。これは当然スープ割りで頂きます。店員さんにスープ割りをしたい旨を伝えれば、器の中のスープをちょうど良い濃さに割ってくれます。恵那くのつけ麺の半分は極太麺、半分は薄くならない旨いスープですから、スープ割りは外せません!

まとめと店舗情報

恵那くの魅力、つけ麺の美味しさを解説しましたがいかがでしたか?スープがしっかり絡むもちもち食感の極太麺、食べても薄くならない濃厚スープは恵那くのつけ麺の真骨頂です。3種類のスープとトッピングであなた好みのつけ麺を恵那くで見つけてくださいね!

 

・営業時間

ランチ:11:30〜14:30(土日は15:30まで) 夜:18:00〜20:30(月曜日はランチのみ)

学割時間:11:30〜13:00 18:00〜19:00

住所:京都市左京区一乗寺高槻町20-2

(営業時間・学割時間ともに記事執筆時点)

Twitterアカウント:https://twitter.com/tsukemen_enak

facebook:https://ja-jp.facebook.com/enak.kyoto/