極鶏ってまずくなった?未だ不動の大人気店「麺屋 極鶏」にせまる!

最近リニューアルした京都府に店舗を構える人気ラーメン店『麺屋 極鶏』がまずいという噂が。絶えず行列のできるお店にそんなことがあるのかと思い、今回は真相を確かめるため実際に食べに行ってきました!その気になる結果をご報告いたします。

「麺屋 極鶏」ってどんなお店?

東京・大阪を探しても他に類を見ない超特濃な鶏スープ

京都府一乗寺駅から徒歩5分ほどの場所にある『麺屋 極鶏(ごっけい)』。このお店は東京や大阪など、どこを探しても他に類を見ない超特濃な鶏スープを味わうことができる絶品ラーメン屋。特に、この濃厚さがヤバい!と若い男性から絶大の支持を受けているお店なのです。

そんな私もファンのひとり。テレビや雑誌でも数多く紹介されていて、一度食べると忘れることのできないスープには虜にさせられること間違いなし!

メインの鶏だくの他に赤だく、黒だく、魚だくも!

ラーメンの看板メニューは「鶏だく」ですが、他にも「赤だく」「黒だく」「魚だく」といった、ネーミングからなんとも興味をそそられるものがたくさん揃っています。「赤だく」は見るからに真っ赤な唐辛子が一面に埋め尽くされていますが、その辛さがまたクセになる!「黒だく」は自家製マー油を使用していて、にんにくを存分に楽しめ、「魚だく」は魚介の旨味がぎっしり!

テレビでも紹介され、勢いの止まらない一乗寺でもトップ3に入るであろう超人気店舗

テレビでも紹介され芸能人もこぞって足を運ぶ、今勢いの止まらない一乗寺のトップ3に入るであろう超人気店となった『麺屋 極鶏』!一乗寺という場所は、京都府のなかでも特にラーメン店が多く集まる場所。そんななかでもトップクラスのラーメンはぜひ一度食べてみてほしい。

最近のリニューアルに伴い営業時間拡大や並び方も効率化!

最近のリニューアルしたことによってさらに営業時間が伸びたり、並び方も効率化され行きやすくなったということで私も早速行ってきました。

実際に新しくなった「鶏だく」を食ってみた!

長時間じっくりと煮こまれた鶏の旨味を極めたスープ

今回実際に食べたのは、やはり看板メニューである「鶏だく」。じっくりと時間をかけて煮こまれた鶏の旨味を極めたスープは見るからに濃厚さが伝わってきます。むしろ鶏だけで旨味をとったのではないかと思ってしまうほど、鶏の旨味がスゴい!

一度食べるとその味を忘れられない人も多く、中毒性の高いスープなのである意味危険。最後の一滴まで残してしまうのがもったいないと、ほとんどの客はスープまできれいに飲み干すんだとか。もちろん私も最後の一滴まで完食。

風味と食感にもこだわる白髪ネギ

さらに上にたっぷりとのせられた白髪ネギは、風味もよく、食感にもこだわりが。濃厚スープと一緒に食べることによって、少しさっぱりと感じられ味変を楽しむこともできる。

超濃厚なスープに沈む?トロトロのチャーシュー

そしてチャーシューはもはやスープのなかに沈んでいます(笑)。しっかりと味の染みた赤身のチャーシュー。しかし、このチャーシューはひと口食べると口のなかでトロっと溶けてしまうほど柔らかい!これがまた濃厚スープとの相性抜群。

濃厚スープに最適な歯ごたえの角切りメンマ

濃厚スープに最適なシャキシャキとした歯ごたえの角切りメンマも絶妙なもの。また違った食感を楽しめるというのも嬉しい。

どろっとしたスープによく絡むストレート麺

濃厚すぎるスープによく絡むように太めのストレート麺が使用されていますが、最初はスープが濃厚すぎて全く絡まないので一生懸命かき混ぜることがポイントだとか!まるで汁なしラーメンのようだが、もはやスープといえるのかわからないほど濃厚なのでその表現もあながち間違えではないだろう。

実際にリニューアル後に行ってみた結果、全くもってまずいという感想はなし!むしろ絶えず進化し続ける極みの一杯に圧倒されました。ぜひとも京都に訪れた際には一度『麺屋 極鶏』に足を運んでみることをおすすめしたい。

実際に極鶏に来てみよう!

店舗情報

住所:京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7

電話番号:075-711-3133

営業時間:11:30~22:00

※スープが無くなり次第営業終了

定休日:月曜

メニュー:「鶏だく」(¥700)「赤だく」(¥700)¥「黒だく」(¥700)「魚だく」(¥700)

公式サイト:http://ameblo.jp/jiren7/

遠くて来れない人向けに期間限定カップ麺も販売中!!

超絶な人気店ではありますが、やはりやはり遠くて行けないという人も多いはず。そんな方に朗報!実は期間限定でマルちゃん製麺からカップ麺も販売中なのです。コンビニやスーパーで購入できますよ。

しかし、やはり店舗で食べるものとは大きくかけ離れているため、本物の『鶏極』のラーメンを味わいたいならば実際に訪ねることが断然おすすめ。ぜひ京都で本場の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。